田舎のかえる

福岡県大木町の農家

稲作

農産物、農産加工物の販売   真辺農園
 〒830-0422 福岡県三潴郡大木町高橋248
 http://manabenouen.com/

2019年産稲作;田植え&水生生物

2019/06/25 田んぼには、入水・代かき後ふ化した小さいカブトエビとホウネンエビが泳ぎ回っています。田んぼによって生き物の種類が違います。カイエビはこの田んぼでは見かけません。

ホウネンエビ  生まれたて?
P6250029

カブトエビ 生まれたての赤ちゃん?
P6250040

2019/06/22,23 田植えが終了しました。今年の苗箱は土の量を増やしたので運搬が大変でした。
 次は、早く活着しないかなァ。
DSCN2121

土が少ないとペラペラだし、厚いと重たい・きつい。
DSCN2129



2019/06/18,19 代かき作業を行いました。
 麦からをすき込んでいるので、ロータリー爪もある程度の深さまで入れないと浮いて来ると思ったりして悩ましい。2019年産麦の生育は良かったので、麦わらの量も多い。
P6150005

2019/06/14,15,16 荒がき作業
P6150005

2019/06/14 畦畔板設置;水田の水が漏れないようにするため。
 ヘアリーベッチをすき込んだこの水田は古くなった畦畔板を差し替えました。
 荒がきした後に、スコップで畦畔板の差し込み箇所を掘り下げて、埋め込んでいく方法で作業しました。
P6140018

2019/06/14 荒掻(あらがき)のための入水を全圃場で開始しました。
P6140016

2019/04 取水口の修理(稲作前の準備)
 2018/09頃、取水口から水漏れを起こしていたため、漏水修理は懸案事項でした。
 セメント作業後に、試験的にポンプを作動させたら抑え蓋の隙間から漏水したので、水中ボンドで修理しました。今のところは漏水しない感じです。
P6080047

2019年産水稲プール育苗

2019/06/19 田植え直前の稲苗
 10㎝ちょっとで、これで26日目です。
 
P6190023

P6190028
今年の生き物はオタマジャクシ以外は少ない感じです。
P6190024
カエルも気持ち良さそう。
P6190034

2019/05/31
 葉先が枯れた感じ。
P5310041

2019/05/24 種籾の播種作業 
P5240013ブログ用

播種量 117g/箱。これとは別に、90箱程度は102g/箱で播種しました。
P5240012

5月21日 木枠設置→ビニール敷→試し入水
試し入水・・・井戸水を使用;ビニールの水漏れはありませんでした。
P5210014

ビニール敷・・・木枠でビニールを破らないように注意。
P5210012
使い古しのビニール破れの修理(パイプ接触部分の破損が多い)
  古しビニールでもテープで補修すると水漏れは大丈夫だと思います。
P5210013

木枠設置・・・苗床の寸法13m×540m (一幅1.8m×3列)・・・80箱/列
 木枠設置前に今年からウイングモア(オーレック製)でデコボコを直しました。
P5210011

2019/05/04 いよいよ、2019年産の水稲栽培が始まりました。
まず、育苗床作りの最初の作業工程です。播種日は5月24日頃の予定。
(育苗床の均平化のため、代かきを行いました。)
P5040028

水田の雑草

私の水田の雑草を掲載します。除草剤を散布しないと、いろいろな雑草が繁殖してビックリします。これらの雑草を抑制するには畦畔管理が大変ですが、深水が重要だと思います。

除草剤を散布しないと、いろいろな雑草が生える圃場と、ある雑草だけ繁茂する圃場があるのではないかと思います。単一の雑草だけの水田はその雑草がなくなったら除草剤散布をしなくても数年は大丈夫ではないかと思います。また除草が困難で、増えて手に負えなくなったら、体がもてないので散布せざるを得ないのではないかと思います。

ホソバヒメミソハギ 繁殖力が旺盛で、種子を結実させるとすぐ圃場全体に広がります。
          9月上旬には、水稲の草丈と同じ程度と相当ノッポになります。
P8190038
花 紅紫色で、花弁は4枚
P9160031

タマガヤツリ 2番目に多い雑草。根は浅く、取りやすい。増えてきたら手に負えない。
P8260004

コナギ 取るとき、ちぎれ易い。
P8260005

アゼナ あまりノッポにならないので実害は少ないのではと思っています。
P8260011
(追加2018/09/16)葉の裏面
P9160037


アオウキクサ 1㎝程度の1本の糸状根を出す。水稲に害はなし。 
P8290005

代かき作業

6月21〜22日、代かきを行いました。
走行は時速4キロ程度(H-9;エンジン回転数1400/分)、耕深8㎝程度、PTO(動力取り出し軸)のレバ-は1(一番遅い回転)、敏感モードで作業をしました。

敏感モードとは→クボタのトラクタでは、ロータリーの土壌接触に対する感度を標準、敏感、及びEオートの3つに切り替えることが出来る様になっています。
代かき時の様に土壌が軟らかい時はチョットの接触でセンサーが反応する様に”敏感”に設定し、表面を均平にします。

※Eオート
 エンジンの負荷に応じて、ロータリーの耕深位置をコントロールして一定にするもので、荒起こしや培土器の使用時など、ロータリ・カバーを上げたままで作業します。(2019/06/09追加)

P6210017
”麦から”はそのまま鋤込みます。
P6210012




プロフィール

かえる

最新コメント
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード