田舎のかえる

福岡県大木町の農家

環境保全

農産物、農産加工物の販売   真辺農園
 〒830-0422 福岡県三潴郡大木町高橋248
 http://manabenouen.com/

八女市のべんがら村でエコ農産物フェア

2020年9月19日、ふくおかエコ農産物販売拡大協議会が主催し、八女市のべんがら村で開催されたエコ農産物フェアに参加しました。消費者の方にエコ農産物を知ってもらう良い機会となりました。

消費者の方との交流の中で、励ましの言葉を頂いたりしてして手作業が多くなるエコ農産物の生産の励みになりました。
P9190030


今期2回目の水田除草

2020/07/22に2回目の水田除草を行い今期の水田除草は終了しました。このあと間断灌水に入り土壌の表面排水を行い通気性を良くし、根の健全化を図ります。
今年は雨・曇り日和で、水面からの照り返しがなかったので良かったです。
田んぼの中に入って初めて雑草の多さに気づきます。

P7220023

除草機をかけた所は白く濁り、ガス泡が出ています。
根を痛めるガス抜き効果も期待出来ます。
P7220034

洪水時、「麦から」残渣取り

2020/07/07 九州北部は前日からの大雨により、小麦収穫後に圃場に残った麦の残渣が南西の強風に流されて圃場の北東の風下に溜まってしまい、排水管が詰まったり、稲を押し倒したりするので、かき揚げ作業を行いました。
麦の残渣は大雨の時は畦畔を超えて、別の田んぼに移動したり、水路に流れたりするので色々と大変です。
(追加 2021/03/01)2020/07/07の雨量は南隣りの柳川市で、361.5mm、その南隣りの大牟田市で446.5mmで観測開始した1976年以来観測史上1位の値となっており、大牟田市は大きな水害となりました。

かき揚げ作業後
P7070034

かき揚げ作業前の残渣の状態(1枚目の写真とは別の圃場です)
P7070008

ハグロトンボがいた

2020/07/05。久しぶりに宅地の庭にハグロトンボが低空飛行をしていました。
逃げるのが早いので、良い写真は撮れなかったですが、自然が回復しているかもと思ったら嬉しくなりました。
50年以上前頃までは、宅地の北・東側の水路や水田で飛び交っていましたが、いつの間にかいなくなっていました。今回は1頭だけでしたが貴重な出来事です。

よく見てください。中央部にいます。
P7050010

久しぶりの「どじょう」

2020/05/10、9cm程度の小さ目のどじょうを水路の藻上げで見つけました。5年以上見てないと思います。

 書籍をみると、水路には普段から棲息しているみたいですが、圃場整備によって、水路と水田
が分離されて、ポンプ場から時たま吸い上げられたときだけ水田で見ることが出来る状態になったみたいです。場所によっては、水田に魚道を設けているところもあるようです。
そうは云っても、水路に網を入れても、今までみたことはなかったです。

P5100029
P5100009

黄色の花を咲かせていた水生の植物?の下に放流しました。
P5100038


畦草刈機のエンジンオイル&ミッションオイル交換

2019/12/22に実施。(株)オーレックのウイングモアーWM746Fです。

オイル交換とは別件ですが、「左ハンドルの走行クラッチレバーは上下で付け替え可能」になっています。上付けは握るのに疲れませんが、バックの時等のトラブル時にはとっさの動作が後れてしまい危険だと思います。私には、ハットした経験があり、絶対上付けは止めた方が良いと思います。

1 エンジンオイル交換
  エンジンオイルの量は注入口とは反対側の本機三菱エンジンGB181左には0.55Lと表示されています。実際の油量はゲージに従えば良いですね。
PC220006

2 ミッションオイル交換
  初回20時間目になっていましたが、購入して1年以上も経って初めてのオイル交換です。
  機体の右下にドレーンプラグがあり、バットのような容器で受けて排油します。
PC220014
  
注油は検油口からにじみ出てきたら規定量に達しています。
PC220017
ミッションオイルは#90。0.75L注油。
PC220019

畦草刈機;(株)オーレックのウイングモアー WM746Fです。
PC220020

 

がん爪押し

7月29日の作業で遅れのアップです。
前年大豆作あとの水田は雑草が多かったことと、水田除草機作業が道路側壁のコンクリートに邪魔されて出来なかったので、がん爪押しを行いました。きつかったので一往復で止めました。昔の人は強かった。

P7290208

畑作連作あとは雑草が多くなると思われるので、丁寧な代掻きや生育初期の深水管理などの対策が必要。

P7290214






小麦の播種と野鳥

小麦の播種は11月30日から開始し、その後天気が崩れ12月6〜8日でようやく終了しました。
これで、10月中旬の稲の収穫から大豆収穫と続いていた農作業も一区切りです。
品種は6月に早目の収穫が出来る中力粉のシロガネコムギ。
小麦栽培作業中は野鳥もにぎやかになります。

播種前作業は稲の収穫後、弾丸暗渠→堆肥散布→荒起こし兼肥料散布等。播種量8㎏/10a、播種幅90㎝。
PC070058

カラスがけんかを始めた  12月7日 播種作業中
PC070088

夜に徘徊するゴイサギ   12月6日18時過ぎ 荒起こし作業中
PC060045

アオサギ  12月7日 播種作業中  
PC070061

コサギ(足の指が黄色、背の飾り羽は先が巻き上がる)   12月7日 播種作業中
PC070095

ハクセキレイ  12月7日 播種作業中
PC070092

カササギ  12月7日 播種作業中
PC070101

キジバト(別名 山鳩)修正2015.12.15     12月7日 播種作業中
PC070075



水田の生き物

7月13日(田植後18日)、水田に網を入れてみました。

ホウネンエビと右の方にいる小さい生き物。誰か教えて下さい。場所は友ほ場。
P7130006

カブトエビ。以下の写真は前田ほ場。
田植から10日頃が最も多かったです。今は少なくなりました。
P7130031

細長い生き物とゲンゴロウ?。誰か教えて下さい。
容器の中で、ゲンゴロウが細長い生き物にかぶりつく様な行動をします。
2015.12.15 追加文   ゲンゴロウはチビゲンゴロウ?
2015.12.15 追加文   アオモンイトトンボのヤゴ (中央部のヤゴ)
P7130034


今年の籾殻焼き

延び延びになっていた籾殻焼きをようやく行いました。
4月18日11時〜21日14時までですので、まる3日間かかりました。
P4180039

消火しているところ。当日は、ある会議に出席予定でしたが、失礼でしたがキャンセルしました。
珪酸の少ない田んぼ等にも散布する予定です。
稲、麦等のイネ科は多くの珪酸が必要です。少ないと病気や昆虫の害も多くなると思います。
P4210063

プロフィール

かえる

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード