田舎のかえる

福岡県大木町の農家

麦栽培

農産物、農産加工物の販売   真辺農園
 〒830-0422 福岡県三潴郡大木町高橋248
 http://manabenouen.com/

麦踏みと除草作業

麦踏みは1月20日に2ほ場だけで進んでいません。私はトラクタにローラーを付けて作業します。
麦踏みの効果は踏みつけられることにより、姿はずんぐり型となり、分けつ・穂数が増加します。

除草は12月29日から1月25日まで1回目として全圃場で行いました。
麦は雑草に負けると、栄養を奪われるなど大幅に収量が低下します。
今年産は播種が遅れた圃場があり、遅いところでは3葉期で昨年から10日間程度は遅れています。
近頃は雨も多く作業は大幅に遅れています。

P1200008
出葉後の除草は昨年から除草機で行っています。まだ慣れず試行錯誤の状況です。
P1200007




麦の追肥

1月13日、追肥を行いました。
麦で大事なのはタンパク含量で、麺の延びも、パンのふっくらもタンパクあってのものです。
日本めん用のシロガネコムギで、9.7%以上、パン・中華めん用のミナミノカオリで11.5%以上が品質評価の基準値となっています。
無化学肥料栽培といきたいところですが、堆肥を出来るだけ入れるようにしていますが、今のところ化学肥料に多くを頼るしかありません。
強力小麦ではカナダほか外国産の高タンパクがありますが、施肥技術を知りたいところです。
P1130007

小麦の発芽、生育状況

11月24日に播種したシロガネコムギは7㎝程度になりました。
播種してすぐの初期生育をみると、その生命力にいつも凄いと思います。
その後は、いろいろな困難が待ち受けていますが。
PC160017


PC160018

一番最後のグループで12月7日に播種した田んぼは、まだ地上部には姿はありませんが、9日目で土の中で発芽していました。
PC160022

PC160019







小麦の播種を開始

11月24日から小麦の播種を開始しました。その後、低気圧が周期的に来るようになって、雨の合間の仕事になって播種が遅れています。播種適期は11月20日から12月5日まで。

品種は主に日本めん用の薄力粉(はくりきこ)のシロガネコムギ。全粒粉に製粉して天ぷら粉やだご汁、うどんにすればおいしいです。

PB240026

シラサギ(足全体が黒いのでチュウサギ(中鷺)?)等の野鳥が冬眠していた蛙などを狙って集まって来ます。
PB300054

麦作のための暗渠作業を開始

10月19日、サブソイラーによる暗渠作業を開始しました。
麦作付の準備で、今年は長雨・中干し不足で湿田化し、タイヤはスリップして深く先端刃を入れることが出来ませんでした。
暗渠作業とは、土壌に深さ30〜40cmの亀裂を入れて、水はけを良くする作業で、そのための道具が、サブソイラーで、トラクタに装着して使用します。

PA190005

コンバインがUターンした枕地は雨水が溜まっている所があり、今後の麦の農作業に影響しそう。

PA240004

小麦の収穫作業を開始

6月1日、カントリー(穀物貯蔵施設)がシロガネコムギ(薄力粉)の受け入れを始めたので収穫を開始しました。
水分割合が最も乾燥しているほ場では20%近くになっていたところから2箇所行いました。
収穫時の適正水分は20〜25%程度で、それ以上乾燥していると品質が低下します。
今年は5月後半から、暑い日が続き、1日に1%以上乾燥したので、刈り遅れにならないよう、油断は出来ません。
DSCN1298















フレコン(フレキシブルコンテナ)に搬入したところ
DSCN1297

麦の生育

麦は、そろそろ茎立期といって、節間が伸張する時期に来ています。
茎の中を見ると、既に穂の赤ちゃんが出来ています。先端の穂の部分の長さは1.5mmあります。

DSCN2933

DSCN2934

麦畑で暗渠作業。ヒバリも巣作り開始?

雨続きでぬかるんでいましたが、麦が大きくなるので、排水改善のため仕方なく田んぼに入りました。
DSCN1440

ヒバリは餌漁りでなく、巣作り?なので、用心深くすぐ逃げます。DSCN1446

トラクタだ。面倒臭いのが入り込んだな。
DSCN1441

小麦作

DSCN1329
小麦(品種ミナミノカオリ)の発芽はまあまあです。
全層蒔きしたから、土入れ(溝作り)の仕方を迷ってます。
プロフィール

かえる

最新コメント
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード