私の水田の雑草を掲載します。除草剤を散布しないと、いろいろな雑草が繁殖してビックリします。これらの雑草を抑制するには畦畔管理が大変ですが、深水が重要だと思います。

除草剤を散布しないと、いろいろな雑草が生える圃場と、ある雑草だけ繁茂する圃場があるのではないかと思います。単一の雑草だけの水田はその雑草がなくなったら除草剤散布をしなくても数年は大丈夫ではないかと思います。また除草が困難で、増えて手に負えなくなったら、体がもてないので散布せざるを得ないのではないかと思います。

ホソバヒメミソハギ 繁殖力が旺盛で、種子を結実させるとすぐ圃場全体に広がります。
          9月上旬には、水稲の草丈と同じ程度と相当ノッポになります。
P8190038
花 紅紫色で、花弁は4枚
P9160031

タマガヤツリ 2番目に多い雑草。根は浅く、取りやすい。増えてきたら手に負えない。
P8260004

コナギ 取るとき、ちぎれ易い。
P8260005

アゼナ あまりノッポにならないので実害は少ないのではと思っています。
P8260011
(追加2018/09/16)葉の裏面
P9160037


アオウキクサ 1㎝程度の1本の糸状根を出す。水稲に害はなし。 
P8290005