7月20日、トラブルが続きで作業が遅れてしまい、ようやく水田除草機が何とか動きました。
(トラブル1)
7月16日から始めましたが、当日は水田に練り込み、人の力を借りてトラクターを田んぼに入れずに、30mほどのワイヤーを道路上から牽引して脱出。
(トラブル2)
7月17日は、エンジンの動力をミッションに伝える肝心のベルトが水田の真ん中で切断し、翌日、隣の大豆畑にトラクターを入れて牽引して引き上げ。水田の真ん中では部品を落すので修理ができない。

除草前の状態;今年は、高温によるものかは分かりませんがカビの様なものが水面に浮かんでいる。
こんなに汚い藻またはカビは今まで見たことがない感じ。高温の影響?
P7190077

除草後;水面・田んぼはリフレッシュした感じ。
P7190072

今年は暗渠工事により水田除草機が練り込むため、後輪に田植え機の補助輪を装着し、そのために補助輪の軸差し込み部分を切断改造。
P7170061

装着したところ:外から見えませんが、軸が短いが仕方がない。
P7170068