ずーと、カラ梅雨だったのが7月6日の夜から朝方にかけて、雷を伴い大雨となり増水しました。
7月6日は九州北部豪雨の発生した時期です(追加2017.09.13)。

6日朝、集落内の水路の水は田面に近づいていました。
P7060033

幹線水路西浜武線の水位は橋桁すれすれです。P7060050

この樋門は幹線水路から集落内に取水・排水する所で、画像だけでは分かりませんが、集落内と幹線水路の水位差はほとんどない状態です。「さぶた」が水圧がなくなり浮いた状態になっていました。
P7060054

6日朝、普段川(大木町と柳川市三橋町の境界の水路)です。前日除草した畦畔だけが見えます。
P7060046

7日朝になって、集落内の水位が大幅に低下し、峠は越えたと感じましたが、油断はできません。