今期は晴れ間が続かず、降雨により大豆水分が10%と20%台を繰り返し、収穫が出来ない日が続きました。それでも、晴れ間を縫って小刻みに作業をしたので非効率になりました。

今期はモチ用に平型乾燥機を組み立てていたので、高水分を15%程度まで乾燥して、農協カントリーへ搬送した大豆もあります。
自前の大豆収穫機で出来ない圃場は汎用コンバインに委託します。
大豆収穫遅延により、麦の播種作業が大部遅れています。

11月22日 大豆収穫
PB220017