10月19日、サブソイラーによる暗渠作業を開始しました。
麦作付の準備で、今年は長雨・中干し不足で湿田化し、タイヤはスリップして深く先端刃を入れることが出来ませんでした。
暗渠作業とは、土壌に深さ30〜40cmの亀裂を入れて、水はけを良くする作業で、そのための道具が、サブソイラーで、トラクタに装着して使用します。

PA190005

コンバインがUターンした枕地は雨水が溜まっている所があり、今後の麦の農作業に影響しそう。

PA240004