7月8日、1回目の水田除草を行いました。中古田植機にアタッチメントの除草機を接続しました。除草と同時に土壌にたまったガスを抜くのが主な目的です。ガスがあると、生育が滞ってしまいます。
今年の水稲栽培は全ほ場で、除草剤は使用しませんでした。
この2〜3年の経験で、ジャンボタニシがある程度いると、草はほとんど食べてしまうので、雑草の心配はあまりしなくても良いのではないかと思っています。過剰にいると、草を食べ尽くして、稲まで食べてしまいます。

IMG_20140708_124542