田舎のかえる

福岡県大木町の農家

2020/08

農産物、農産加工物の販売   真辺農園
 〒830-0422 福岡県三潴郡大木町高橋248
 http://manabenouen.com/

大豆畑の中耕培土作業を開始

2020/08/14 大豆畑の中耕培土作業をスタートしました。この圃場は今5.5葉期です。
 今年は播種の仕方を1粒播きから2粒播きに変更したのに伴い、密植を緩和するため、畝幅を70cmを75cmに広げて播種を行いました。しかし、作業の不手際で畝幅にバラツキが生じてしまい、培土作業にも大豆が土に埋もれるとか悪影響が出ました。

 ※ 大豆の生育は今のところ昨年よりはましです。昨年は大雨、8月の台風で散々でした。


DSCN2210

 この作業の最大の目標は、土を大豆の株元に寄せて、雑草を地中に埋めることだと理解しています。
そのため、アタッチメントであるロータリーカルチ(ニプロロータリーカルチRM-312-B)の取り扱いは以下のことが重要ではないかと思います。
 ①ロータリー爪の深さ → ゲージ輪の上下;圃場により、耕深・葉齢(草丈)が違います。
 ②アタッチメントの天板を水平にする → トップリングで調整
 ③ユニット部の上下調節
 ④培土板の取り扱い

DSCN2216


大豆のまき直し

この圃場では7月23日の午前中に初めての種まきを行い、その後の大水で発芽不良を起こし再度8月1日にまき直しをしました。
大豆は、播種後数日以内は酸素供給が必要ですが、7月23日の午後から24日にかけて128mm(柳川)の雨が降って発芽不良を起こしました。

2020/08/09撮影
8月1日にまき直した圃場の大豆生育状況で、初生葉まで展開しました。
8月8日0時から12時までに柳川の降水量で69.5mmでまとまった良い雨が降りました。
しかし、7月中旬の適期播種から遅れましたので大幅に減収すると思います。
DSCN2197

7月27日撮影 27日に再度大雨が降り、当日排水溝を掘りました。P7270005

7月24日撮影。播種(7/23)直後の冠水状況です。
P7240006



プロフィール

かえる

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード