田舎のかえる

福岡県大木町の農家

農産物、農産加工物の販売   真辺農園
 〒830-0422 福岡県三潴郡大木町高橋248
 http://manabenouen.com/

2019年産水稲プール育苗

2019/06/19 田植え直前の稲苗
 10㎝ちょっとで、これで26日目です。
 
P6190023

26日間の間に育苗後半に菌床堆肥1回、EM菌2回、竹酢液2回を散布しました。
P6190028
今年の生き物はオタマジャクシ以外は少ない感じです。
P6190024
カエルも気持ち良さそう。
P6190034

2019/05/31
 葉先が枯れた感じ。原因が分からない。
P5310041

2019/05/24 種籾の播種作業 
P5240013ブログ用

播種量 117g/箱。これとは別に、90箱程度は102g/箱で播種しました。
P5240012

5月21日 木枠設置→ビニール敷→試し入水
試し入水・・・井戸水を使用;ビニールの水漏れはありませんでした。
P5210014

ビニール敷・・・木枠でビニールを破らないように注意。
P5210012
使い古しのビニール破れの修理(パイプ接触部分の破損が多い)
  古いビニールでもテープで補修すると水漏れは大丈夫だと思います。
P5210013

木枠設置・・・苗床の寸法13m×540m (一幅1.8m×3列)・・・80箱/列
 木枠設置前に今年からウイングモア(オーレック製)でデコボコを直しました。
P5210011

2019/05/04 いよいよ、2019年産の水稲栽培が始まりました。
まず、育苗床作りの最初の作業工程です。播種日は5月24日頃の予定。
(育苗床の均平化のため、代かきを行いました。)
P5040028

2019年産表作の栽培の進行

2019/06/20 一週間前に較べ水田化が進んできました。残っているのは大豆畑でしょうか。
DJI_0001

2019/06/13 茶褐色から黒ずんだ水田が取水した水田だと思いますので、今から田植え作業まで忙しくなります。
DJI_0021

緑肥用ヘアリーベッチの栽培;随時更新(刈取り)

2019/05/12
5月11日の夕方から12日のお昼まで4時間程度かかって刈取りが終了しました。
ヘアリーベッチ栽培の注意点は野生化ではないかと思います。作付け周辺の畦畔、水路の土手へ侵入してないかは開花期で分かるので気を付けなければなりません。

概ね、開花最盛期と思われ、草丈は70~80cmで近年にない繁茂でした。
P5120047


2019/03/31
今期は生育が旺盛です。前回、3月16日に除草したのが、短期間で畦畔を超えていくので、今期2回目の畦畔除草です。
P3310003

11月07日 播種から17日目
PB070006

11月01日 発芽始め
PB010004

10月24日 播種
播種量は10a当たり4kgです。
2017年から播種後の浅耕耘は中止しました。技術情報では浅耕耘による発芽率の向上効果が記載されていますが、その効果がよく確認出来ないし、鳥による食害もありません。
PA240009

トラクターへのローダの着脱

(追記)
2020/02/6 アーム装着時に穴が合わない時の一つの方法で、これで接続出来たので紹介します。
 ドッキングピンが入りにくい時は、まづ、左右下2つと片側上のドッキングピンを入れます。
(修正2020/09/23)
 残り1本のドッキングピンが差し込みにくい時はフレーム(トラクター側)の穴の位置が上の場合は反対側のアームの下にジャッキを入れ、またフレーム(トラクター側)の穴の位置が下の場合は差し込まれてないアームの下にジャッキを入れて持ち上げれば良いと思います。作業は無理な力を入れないように慎重にする。
DSCN2175

 
(本文)
トラクターへのローダの着脱は今まではピンの穴が合わず、へとへとになって作業をしていました。
そのため、今はトラクターとローダが水平・垂直とも直線に揃っていることが、スムーズに着脱出来る条件なので、まず地面に白のスプレーペンキでタイヤとフロントローダの設置場所にマークを付けています。離脱がキチンと出来れば、装着もスムーズに出来ると思います。
ローダはクボタニューグレイタスJr.(JKL330-PCL)です。

今からローダを取り外すところ。この白線に沿って、トラクターのタイヤを合わせます。
P4220028

次に、ローダバケットの左右の高さを合わせます。
残念ながら、我が家の設置場所は地面が水平でありませんので、トラクターから見て左3枚、右1枚に板を敷きます。
P4220033

次に、トラクターがローダから離脱する時にアームがトラクターのフレームに掛かって、引っ張っていかないように、スタンドの高さを上下に調節をします(写真では板2枚)。とにかくドッピングピンがスムーズに離脱出来るよう調節します。
P4220034

ピンを外すとき、軽く外れることを確認します。軽く離脱出来ない時は、どこかのドッピングピンに力がかかっているので、下に板を敷いて高さを調整します。
ピンを外した後、フレイムとアームのピン穴が見通せる状態になるとOKです。
P4220043

トラクターのフレームと、ローダのアームが離脱した状態。
P4220044

(追加)
レベラキット(CLD330-LKIT)
 ローダ作業がし易いように取付する部品です。これを取付ると、バケットと地面との水平状態が運転席から分かるので、すくい取りが容易になります。

麦の葉色による追肥について

空撮による麦の葉色の把握は圃場比較によって分かり易くなると思います。
麦の追肥は、ラー麦ではタンパク質含量を増加させるために必要になっています。
シロガネコムギは一般に追肥はしませんが、空撮写真を見て葉色が薄い場合は検討の余地はないかと考えます。

画像を40%に縮小
DJI_0020%40%

画像を40%に縮小
20190403麦葉色




切り干し大根作り

大根が食べきれなくて、とう立ちが始まりそうなので、切り干し大根作りをしました。

2019/03/17    出来上がり。
DSCN2053

2019/03/16
乾燥しているところ。今期4回目(最終回)。出来上がりが茶色に変色するので、設定温度を50℃から5℃下げました(操作部;左)。右が稼働時間(24時間設定)。
DSCN2026

2019/03/16  乾燥が偏るので数時間おき(夜はしません)に攪拌。放置するとトレイにこびり付く。
DSCN2027

スライスボーイで細切りしているところ
DSCN2017

収穫した後、軽トラのダンプ荷台で洗浄しているところ。2019/03/07
軽量・簡易ダンプ付きの軽トラは荷台を傾斜出来るので洗浄作業・荷台掃除は便利です。
P3070005




春のいぶき

3月16日撮影。
春の訪れは毎年、まぶしいですね。
緑豊かな田園風景。植物の生き生きとした姿には感動します。
DSCN2051


DSCN2035


大豆の収穫

2018年11月14日から大豆の収穫を始めました。
収穫を始めたら、周期的に雨が降り始めて捗りませんでしたが、何とか20日でほぼ終了しました。
今年の大豆の茎はずん胴の姿をしている感じです。収量は著しく不良です。


PB180015

豆刈機での作業
PB180012

かんしょの収穫

近頃は、主な農作業の合間をぬって、甘藷の収穫を行っています。品種は安納芋。
収量は平年並みです。
PA290003

芋と一緒に掘り出された冬眠準備中のカエル。動きが鈍く可愛い。






トラクタのエンジンオイル交換(更新)

エンジンオイル交換は、当面の農作業の忙しさが先に立ち、ついつい後回しになります。
早くしたいのは山々ですけど。トラクタはクボタKL34R。
エンジンオイルの交換は初回50時間後、それ以降100時間毎、オイルフィルターは200時間毎。

まず、エンジンオイルの交換。足下のボルト2本を抜き廃油(画像省略)。
P1170005ブログ1

次に、オイルフィルタカートリッジを交換する時、燃料フィルターが邪魔してフィルターレンチが入らないので燃料フィルターのカップを取り外しました。
ただ、燃料コックの取付ボルトを外す方法がありますので、その方法が簡単です。

エンジンオイルフィルタカートリッジの交換
P9060049
エンジンオイルフィルターカートリッジの品番
P9060050

(そのため、燃料フィルターから燃料系統に空気が入りエンジンが始動しなくなったので、エンジンオイル補給後、燃料噴射ポンプ上のコックを開にして、エンジンを30秒ほど始動して閉にし、空気抜きをました。)

エンジンオイル(スーパーCD D10W-30)の補給。 
P1170011ブログ2

 交換年月日

 2021.03.02  9回目 エンジンオイル交換 4.3L程度
       屋外で作業していたら、雨が降ってきた。気象が不安定な日は用心しなければと思いました。
 2020.09.25 8回目 エンジンオイル(交換時期超過)及び6回目のオイルフィルター交換6.0L 
 2019.09.03  7回目 エンジンオイル(交換時期超過)及び5回目のオイルフィルター交換4.5L
 2018.11.04  6回目 エンジンオイル(交換時期超過)及び4回目のオイルフィルター交換4.7L
 2017.12.06  5回目 エンジンオイル(交換時期超過)及び3回目のオイルフィルター交換
 2017.0?.??  4回目 エンジンオイル交換
 2016.09.06  3回目 エンジンオイルを4.7L交換、及び2回目のオイルフィルター交換。4.7L
 2015.12.15 2回目 エンジンオイル交換(フィルターは交換せず)4.5L
 2015.01.17 1回目 エンジンオイル交換(フィルターは交換)5.5L
       クボタトラクタKL34RーPCは2014年11月に購入し始めてのエンジンオイル       交換です。
プロフィール

かえる

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード