田舎のかえる

福岡県大木町の農家

農産物、農産加工物の販売   真辺農園
 〒830-0422 福岡県三潴郡大木町高橋248
 http://manabenouen.com/

ツバメの巣立ち

本日、今年2回目の子育てで3羽の雛が巣立ちました。
巣立ちと言っても今回の3羽はほとんど飛ぶことが出来ず、親の餌を当てにする状態で、カラスの攻撃にさらされていました。
22日の夕方は、カラスがズーと狙っていましたが、幸い3羽とも無事に親鳥とともに、倉庫の中で夜を迎えることが出来ました。明日は大丈夫かなあ?

P7220164

P7220169

ハシブトカラス?が狙っています。
倉庫の中に毎年子育てに来ていますがカラスに攻撃されるので、進入出来ないように木戸をより狭く開くように気を使いました。
今まで、ベビやイタチ、猫に食べられてきましたが、その都度、足場をなくす等環境改善を図ってきました。
P7220160










大豆の種まき

梅雨明け一転カンカン照りとなり、7月17,18日に大豆の種まきを行いました。
畦幅70㎝、株間15㎝、播種量は10a当たり4㎏程度で、1粒撒きをします。

播種後、19日の夜、20日の夕方に適度の雨が降り、大豆の出芽にとっては良いことかなと思います。
P7180124

田植え作業

6月23日、田植え作業を行いました。
4葉期の移植だから中苗(4~5葉期)植えと言うことになります。
私がうす植え(疎植)にするので、家内は欠株が出るのを盛んに心配します。
植え付け易いように、前日から田んぼの水を落とし始めます。水が多いとマーカー(植え付けの目印)の痕跡が見えなくなり、並びが直線にならないので、後々水田除草機を走らせる時に困ります。

P6230093

前年の2015年に水稲を作付した田んぼには、多くのカブトエビが出現します。
田んぼのどこかに潜んでいる以外考えられません。
P6230086

午前0時過ぎに、田回りに行く途中、ヘッドライトに生き物が写し出された。
道路アスファルトの脇に食用かえるがじっとしていました。
デジカメを家にとり帰る間、動かなかったので15~30分以上は1歩も動かなかったでしょう。
P6230066






稲苗の生育

6月23日(田植え日) 草丈14.0cm程度  6月19日が11.5cmだったので、1日に0.6cm伸長。
各測定日の草丈は、誤差が大きかったのではないかと反省しています。
葉色はうすい感じ。今から今日1日は田植え作業です。
P6230074

田植え時の稲苗
P6250109


6月19日 草丈11.5cm程度  6月11日が10cmだったので、1日に0.19cm伸長。
我が家の箱苗は周辺部の苗が大きくなっていますが、その原因は水の中で育てた結果か、ローラーをかけるのでそれが原因か、またはシートを箱の下に敷いているためかは分かりません。
P6190016

6月11日 草丈10cm程度  6月6日が8cmだったので、1日に0.29cm伸長。
P6110005

6月6日 草丈8cm程度  5月30日が5cmだったので、1日に0.43cm伸長。
P6060059

P6060001ブログ

5月30日   5月23日に播種して、7日が経過。
P5300047

5月30日 草丈5cm程度  5月23日が0cmだったので、1日に0.71cm伸長
P5300049


P5300050ブログ




水田の荒掻終了

6月16日、本日荒掻(あらかき)が全て終了しました。
毎年この時期は空田(からた)に水を潤おすため、大量の水を集中的に使うので晴天が続くと水不足の心配が出てきます。それで地域の水利用は長い歴史の中で水利の慣行が出来上がっています。

この地域は、主に幹線水路西浜武線から取水し、ポンプで汲み上げた水田の水はクリークとの間で大切に循環・再利用されています。

※荒掻(あらかき)とは、田植えを行うための準備で、水田に水を貯め、土壌をトラクタで撹拌して大まかに均平化・漏水防止等を目的とした作業です。仕上げが代掻きです。

この田んぼは緑肥の鋤込み田です
P6160009

荒掻の前作業の荒起こしです(別の田んぼ)。麦わらは焼かずに鋤込みます。
P6110003

納豆作りパート2

前回の納豆作りから若干改善が図られたかな?
第1は市販の納豆より納豆菌を使った方が、発酵が進むのではないかと思います。
第2は紙コップの蓋をラップからキッチンペーパーに換えて、風通しを良くしたので、発酵が進みやすくなったのではと思います。

この納豆菌は15年以上前に購入した商品と思いますが、全く問題はないです。
P5240072

キッチンペーパーに変更。表示は水温で納豆の温度は40℃ちょっと程度?
P5240076

24時間後の状態。これ以上進めるとアンモニア臭が出てくると思いますが、それも好き好きだと思います。
P5250008

麦の収穫開始

麦の水分は高かったが、日曜日からの雨に会わないように、早めに開始しました。

軽トラのフレコンにコンバインから搬送しているところ。
P5260012

水稲の種まき

明日(5月24日)から雨模様の予報になったので急遽、水稲の種まきをすることにしました。

播種のポイントは
① 播種量
② 灌水量
③ 覆土量
だと思います。失敗すると発芽不良、浮き苗、欠株等の問題が生じます。私も何回も失敗してきました。

私は、20条の条播で播種します。田植えも問題ないと考えています。
P5230063

① 播種量  歯車の組み合わせで、105g/箱にして坪40株で田植えをします。
P5230057

② 灌水量は1000ml/箱ちょっとにしました。これは専用の容器で、左側の目盛です。
P5230059

③ 覆土量 この目盛でこの播種機では1kg/箱となります。
P5230058




プール育苗のプール作り

2016.05.21
前日、苗床に板を組み立てていたので、その上にビニールシートを二重に敷きました。
プール育苗を数年前に始める時は、試行錯誤で、色々と諸材料を購入しましたが、結局ただの板で仕切り、ビニールを張る方法になりました。

水漏れを確認するために水を入れたところ。これに播種した苗箱を並べます。
P5210043

前日5/20 の板の組み立て。今年は暑い日が続き地割れして土がめくれ上がるので水平が悪くなっています。
P5200027




小麦栽培の経過


2016.05.14 大部、熟れてきました。収穫は15〜20日後だと思います。

P5140041


2016.05.13 一箇所ヤエムグラが多いほ場があり、ようやく5月14日に草取り終了。

ヤエムグラは写真中央部の麦に絡まっている雑草。

P5120034


2016.05.03 穂はまだ青い

P5030043

2016.04.06

麦のシロガネコムギは出穂期

 麦出穂

livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード