田舎のかえる

福岡県大木町の農家

農産物、農産加工物の販売   真辺農園
 〒830-0422 福岡県三潴郡大木町高橋248
 http://manabenouen.com/

緑肥のヘアリーベッチの生育状況

播種は11月7日で、1か月以上経過しました。
今期は播種後のトラクタのロータリーによる浅い覆土をしませんでした。
このことが、発芽率の向上か減少かは今後の経過を見なければ分かりませんが、向上につながれば雑草の抑制に期待します。

12月11日撮影。競合する主要雑草も見えます。
PC110012

11月7日 播種 10a当たり4kg程度で価格が高い。中国産。2015年に較べ2週間も遅れました。
DSCN1829



雨模様の大豆収穫終了

今期は晴れ間が続かず、降雨により大豆水分が10%と20%台を繰り返し、収穫が出来ない日が続きました。それでも、晴れ間を縫って小刻みに作業をしたので非効率になりました。

今期はモチ用に平型乾燥機を組み立てていたので、高水分を15%程度まで乾燥して、農協カントリーへ搬送した大豆もあります。
自前の大豆収穫機で出来ない圃場は汎用コンバインに委託します。
大豆収穫遅延により、麦の播種作業が大部遅れています。

11月22日 大豆収穫
PB220017


小豆の収穫・乾燥・調整


7月18日に播種した小豆は収穫・乾燥・調整を終えた結果、品質が悪く選別に手間取りそう。

小豆の大納言は、大豆の7月適期に播種すると過繁茂になり、地表に莢が接触し易くもなり、品質は悪くなるのではないかと思います。
大納言は8月中旬以降に播種すると、生育が限られるので収量は少ないですが、品質は良くなるので選別の労力が少なくて済むのではないかと思います。

乾燥・調整した小豆。害虫は少ないが品質が悪い。
DSCN1890

10月25日 小豆の収穫 
PA250031

10月24日 刈り取りして、天日干しの状態。左の方は大豆。
PA240011


モチ米の収穫・乾燥・籾摺

(籾摺)
最終水分13.8%程度(バラツキがあります)
モチの場合はこの程度の水分かなと思います。
DSCN1887

(乾燥経過)
平型乾燥機で風乾燥だけで行っています。
         (水分)
11月12日 13.8%     12時間運転 夜〜午前中運転  乾燥終了
                   11月10〜12日は乾燥のテンポが緩やかになった。  
11月11日 14.1%     24時間運転 昼夜運転  
11月10日 14.5%     14時間運転 夜運転  
                   ハゼリ(白色化)始めました
11月 9日 16.0%     10時間    昼運転 
11月 8日                     運転休み 
11月 7日 18.0%     23時間 
11月 6日  H(高水分)   7時間 

(はじめに)
今年、多分数十年ぶりに主に自給用を目的に小面積にヒヨクモチを作付。
11月5日に収穫。6日から乾燥を始めています。

天日乾燥は労力過重のため、急きょ数十年昔の平型乾燥機を組み立てました。
配線の絶縁体がぼろぼろで、その取替から始めました。
モーターは日立製で、扇風機は騒音がひどい。昔はこれが普通だったのを考えると、今の乾燥機の静かさに感謝します。技術の改善が図られてきたと感じます。
DSCN1848


柿。秋の味覚

我が家には1本の柿の木があります。気づいた時からあるので60年以上だと思います。
小さい時、やぎの首が枝に挟まって、メエメエ泣いていたのを助けた思い出があります。

今年の柿は、量が多く豊作でした。去年は量がなく不作。
イラガも夏場に発生しましたが、酷暑のためか、いつの間にか大発生せずに収穫の秋になりました。
お米と同じように品質は悪い。へたの部分がボコボコして固くなったりしています。
しかし、秋の味覚でおいしく、満足です。
柿は栄養が良過ぎるので、1日3個までが良いそうですね。

中央部の柿はカラスが食べている。
DSCN1836


DSCN1837




籾摺り

平成28年産水稲の初めての籾摺をしました。
今年産は早めの収穫期を迎えた元気づくしや夢つくしが収量が多かったそうです?
また、農家によって収量の差が大きく、品質は悪く2等がほとんどと言われています?
我が家のヒノヒカリの収量はもう少し籾摺してみなければ分かりません。

PA190056

水路にドブガイほか生き物

水路の排水により、水路底には、ドブガイが這っていました。
10月22日にカラスガイをドブガイに修正しました。
小さい頃は、よくクリークで遊んでいましたが、当時はゴーツと呼んで、特に比較的きれいな水の堰下の中洲に一杯いたような記憶がありますが、この貝がカラスガイだったかも知れません。

PA120013

ドブ貝。大きさは10㎝強。厚みがあります。
カラス貝はまだほっそりしているそうです。
PA160041

ブルーギル ・・・ 北米原産の肉食魚。特定外来生物。
PA160054

モツゴ(持子)
ブログ魚





稲刈りスタート

今日から稲刈り開始。
乾燥機の開始水分値は27.5%と思った以上に高い。
そのため、明日からの刈り取りは延期することにしました。

PA100002

台風18号の農作物被害

9月5日の朝から昼過ぎまで強風が吹きましたが、我が家の水稲・大豆はチヨット寝た程度で脱粒もなく、被害はありませんでした。
(その後の修正)
9月8日に水稲田に入ってみたら、若干小穂の一部が強風で傷を負いその先が枯れたのではないかと思われるものがありました。

今日6日に籾の水分を測定したら19.3〜23.3%でそろそろ収穫を始めなければと思います。
PA060001

大豆の実は徐々に大きくなりつつあり、そろそろ枝豆のシーズンになってきました。
今年の大豆栽培はヨトウムシが多く大変な年です。車を運転していて目に付くと思います。
PA060002

大豆畑のヨトウムシの天敵

ハスモンヨトウ(ヨトウムシ)は今が孵化のシーズン。
天敵としてクモ、不明の幼虫、アマカエル等が良く目に付きます。

何クモか分かりませんが、食べています。
P9200112

格好はガムシの幼虫に似ていますが、水生昆虫ですから違いますね? 調査中。
小さい幼虫しか食べないと思います。
P9200133
P9200119

アマカエルは上手に葉っぱから葉っぱへと飛び移って行きます。
ある程度大きな幼虫も食べると思いますが、何せ個体数が少ないので、虫が増え過ぎたら手が負えない。
P9210156

ヨトウムシが何かに攻撃された様な状態か?ほとんど動かなかった。
P9200110

ハスモンヨトウの成虫  画像追加 2016.9.23撮影
P9230020

livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード